健保加入のおすすめ

パッケージ工業健康保険組合の加入基準

当組合の概況は下記のようになります。貴社の状況と比較していただき、加入基準をご参照の上、申出書をご提出下さい。

加入基準

  1. 主要業務が下記の(1)~(3)は、登記上の目的欄に同様の記載があること。または、(4)の事業所に該当すること。
    (1) 紙器(段ボールは紙器の中に含む。)の製造設備を有し、主として紙器または紙器半製品(包装材料、光沢加工、製紙原料、紙管等を含む。)受注、生産、加工する事業を営むもの。
    (2) 主として、紙器製造用板紙または洋紙を張合せ、これを販売、加工する事業を営むもの。
    (3) 前2項の事業所の事業主を主に構成員とした団体の事業所。
    (4) 組合の設立事業所との間で、証券取引法(昭和23年法律第25号)の規定に基づき定められている財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省令第59号)第8条第3項または第5項に規定する「親会社」、「子会社」または「関連会社」と同様な関係にある事業所。
  2. 社会保険加入期間が6ヶ月以上あり、現在、東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県及び静岡県の全国健康保険協会(協会けんぽ)に加入していること。
  3. 被保険者数が10名以上であること。
  4. 過去1年間公租公課に滞納(納入遅延)が無いこと。
    • 公租とは、「法人税、消費税、所得税、事業所税」の国税、地方税を言います。
    • 公課とは、「健康保険、厚生年金保険、雇用保険」の保険料を言います。

上記が基本条件となりますが、当組合で総合的に勘案して、判断をさせていただいております。なお、ご不明な点は業務課までお問い合わせ下さい。

お問合せ(業務課) TEL:03(3624)7421

PageTop

メニュー

メニュー